平成29年8月20日(日)広島豪雨災害犠牲者追悼式に参列して参りました。


広島県豪雨災害から3年を迎える平成29年8月20日
安佐北区民文化センターで広島県・市の合同「広島県豪雨災害犠牲者追悼式」が開催され、参列して参りました。

犠牲になられた方々に対し謹んで哀悼の意を表するとともに、心よりのご冥福をお祈りいたしました。
広島県と市が合同で行う追悼式は今年で最後とのことですが、湯崎英彦知事は式辞で、「災害死ゼロ」を目指す決意を表明され、松井一實市長は、「誰もが安全・安心に暮らせるまちの実現にまい進する」と述べられました。

私も、被災自治体の方々にいただいたご意見、課題を真摯に受け止め、引き続き被災地の復興、防災対策へ誠心誠意取り組んで参ろうと決意を新たにいたしました。